海老蔵、米倉、高岡…元恋敵めぐる不思議な関係


映画にドラマに活躍中の女優、佐藤江梨子(25)が新小説誌『Feel love』(祥伝社)で発表した小説の中身が意味シンだ。

「トロワ」と題されたその恋愛小説は、作家の唯川恵氏、石田衣良氏に加えサトエリの3人がリレー形式で執筆。唯川さんが40代のエステ経営者、石田氏が30代の青年作詞家、そしてサトエリが24歳の売れない歌手の視点でつづるというユニークな構成だ。

作品には、主人公の女性が遊び人のミュージシャンと、≪週刊誌に一緒にいるところを写真に撮られて≫など、元カレの歌舞伎役者、市川海老蔵(29)をほうふつさせる場面もある。

読み進むと−。

≪彼は、彼女の若い肉体だけが目的だったのかもしれない≫

≪『お前が誰かに言ったんだろ。有名になりたいからって、俺を使うなっ』と詰(なじ)られすてられた≫

リアリティー満点なのだ。

(引用:ヤフーヘッドライン)
ところで、海老蔵といえば交際やデートが発覚した米倉涼子(31)と高岡早紀(34)の旧恋敵同士が、TBS系ドラマ「肩ごしの恋人
」で共演中だ。

奇遇なことに、こちらのドラマの原作は唯川氏による同名小説。2001年の直木賞受賞作だ。

 銀行勤務の傍ら84年に作家活動を始めた唯川氏は若い女性から“恋愛の教祖”として支持を集めている。

 「唯川さんは、米倉さんと雑誌の対談を通じて顔なじみ。ドラマも意気投合していました」(番組関係者)

 売れっ子恋愛小説家の唯川氏を架け橋に、なぜか海老蔵に縁のある女性3人が接近遭遇。まさか、“剣より強いペンの逆襲”を密談したわけでもなかろうが、海老蔵は、今月13日に風呂場で転倒して右足裏を15針も縫うケガ。休演中だった大阪松竹座「七月大歌舞伎」の降板が決まった。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。